BLOG ブログ

年齢と共に歯も黄色くなる??

2021.04.13

こんにちは!😄福島区野田にあります、まつむら歯科の草田です🎵

4月に入り紫外線の恐怖に日々怯えています(笑)31歳になり、しわ·シミ·毛穴のたるみ·肌の弾力のなさ·白髪….etcと20代との違いを身に染みております😢笑

新入社員のスタッフに年齢を伝えると『えー!もっと年下だと思っていました~見えないです~』とめちゃくちゃ気を遣わせてしまって反省しております😅笑笑

そろそろスタッフ紹介の写真にも『実物とは異なります』と注意書きをしないとビックリされますね🤣

さて、そんなことはさておき。

年齢を重ねると、肌や体力も少しずつ衰えていきますよね?それと同じで歯も強い力での歯ブラシや食い縛りなどの噛み合わせで歯の表面のエナメル質が薄くなり、内部の象牙質と言う黄色い素材の色が透けて見えやすくなり、歯が黄色くなっていきます。また、加齢と共にその象牙質の色が濃くなります。

例えで言うなら、白いTシャツ(エナメル質)の下に黄色いキャミソールやタンクトップ(象牙質)を着ている状態が歯の構造です。

中の色を濃い色にすると透けて見える色は濃くなりますよね?(加齢による象牙質の変化)

同じ白いTシャツ(エナメル質)をごしごし強くこすったり洗うと擦れて、生地が薄くなったりしますよね?(日々のブラッシングや咬耗)

では、その加齢による黄色い歯の色はどうすれば白くできるのでしょうか?

歯のクリーニング?ではなくホワイトニングです✨

『もぅこんな年だしホワイトニングだなんて😅』

『年齢も年齢だし、あまり白くなりすぎても不自然だし😓』とおっしゃられる方もいるのですが、日本は現在超高齢者社会です。

70代や80代の方でもとてもお元気で、ご自身のやりたいことをされている方も多くいらっしゃいますよね(^^)70代でもまだまだ働いている方もたくさんいらっしゃる姿を見て、私も頑張ろう!と日々思っております☺️

そして、芸能人の様な特に白い歯は確かに不自然さもありますが、当院のホワイトニングは患者様の希望のお色味によってホワイトニングの回数や頻度などを決め、ご希望の白さになるようにしっかりサポートさせて頂きます☺️❤️

以前はこんなに黄色くなかったのに、、、なんだか気になるなぁ、、と思われる方も、一度ホワイトニングの相談にお越しくださいませ☺️

当院では、無料のホワイトニングコンサルも行っております✨(当院に来院されたことがない初めての方は、お口の中の虫歯の有無や歯周病の有無にもよりホワイトニング前の治療が必要なケースもございますので、保険診療で歯科検診を行っておりますので、一度検診を受診後に無料のホワイトニングコンサルをさせて頂いております)

お気軽にお問い合わせくださいませ☺️❤️

あなたにおすすめの記事

Category

Tag

まつむら歯科

採用について就職をお考えの方へ
TO PAGE TOP