BLOG ブログ

歯の治療中=骨折中?

2021.02.24

こんにちは!福島区野田にあります、まつむら歯科でございます(*^^*)

さて、皆さん骨折された経験はありますか?私はありません(* ̄∇ ̄*)!(笑)が、去年夫が自転車同士の事故に遭い、、なんと足の骨を3本も折り1ヶ月ほど入院しておりました、、(^^;今ではリハビリのおかげで歩けるようになりましたが、退院直後は思うように歩けず、家の中での日常生活も一苦労でした( TДT)骨折した方の足に少しでも触れようものなら、激痛で見ていてとても辛かったのを覚えています(;_;)

足や手などを骨折すると、骨折した方の足や手でボールを蹴ったり、投げたりしますか?しませんよね?(^^; 例えば利き手を骨折されると、その間は反対の手で生活するのではないでしょうか?

では、歯はどうでしょうか??

歯も骨ですよね。回数がかかる虫歯の治療中に、『治療中の歯で噛むと痛い!』『治療終わったあとにすぐ痛くなってきた!』と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

歯の治療中=骨折しているようなもの

なのです(>_<)! ですので、回数がかかる虫歯の治療途中では、その歯で噛むのは骨折している足でボールを蹴る行為と同じです。。。また、治療は傷口を触っている事になるので、治療後はお痛みが出る場合もございますが、その場合は痛み止の処方をし、2,3日程度で徐々におさまることが多いです。

私の夫も足のリハビリ後はしばらく『痛い~(;_;)』と言っていました。歯の治療も骨折中と捉えると、皆さんも少し感じ方が変わってくるのではないでしょうか?(^^)

と言いましても、中々片側で噛むのも一苦労ですよね、、。意識はしていても、不意に食べ物が反対側にいってしまうこともあると思います(>_<)治療中は、食事面などで辛い思いをされることも多いですが、どうか途中で終わらずに最後まで頑張って通院していただき、ご自身の歯を長く健康な状態で残していけるようにと思っております。

皆さまのお口の健康と、ご自身の歯で食べられる喜びをスタッフ一同全力でサポートしてまいります(*^^*)!

あなたにおすすめの記事

Category

Tag

まつむら歯科

採用について就職をお考えの方へ
TO PAGE TOP