BLOG ブログ

子供の頃からの顎の発育 7月、8月のお休み

2019.07.25
最新式のワンショットセファロ

こんばんわ、医療法人侑和会 まつむら歯科 理事長 松村です。
当院では、近頃セファロレントゲンを導入いたしました。矯正の診断時にとても重要な写真が当院で取れるようになりました。
簡単に言うと、頭蓋にたいする上下顎の位置関係と、矯正治療の難易度がわかります。
実際の顔貌からは想像がつかない骨の状態になっていることもあります。
また、小児期に早めに歯並びや骨の成長を知ることで、その後どのようになっていくか予想が付きますし、床矯正などで顎の発育を促進することも可能になります。場合によってはそれで矯正が終わることもありますし、永久歯列になって再度治療が必要なこともあります。ただ、永久歯列になった時に抜歯矯正の必要性がなくなったり、楽に矯正できることも有り、早めに治療していくことはとても大切です。
顎の発育を診るため、あるいは早期に問題を見つけるために、当院では口腔内写真をとることがあります。

だからといって矯正が絶対ではありません。強制することもありませんので、気になることがある場合はご相談ください。矯正相談は無料で行っております。

休診:7月26日(9時〜13時)※午後15時からは診療しています。
お盆休み:8月8日〜14日
矯正日:8月1日(それ以外の日でも相談受け付けます)

診療内容:虫歯治療、歯周病治療、入れ歯、ブリッジ、インプラント、矯正、顎関節症、咬合再構成、ホワイトニング、PMTC、訪問診療

診療機材等:デジタルレントゲン(イメージングプレート、パノラマ、CT、セファロ)、エンジンリーマー(ボルテックスブルー等)、拡大鏡(サージテル)

切削器具は患者様毎に滅菌しています。グローブも患者様毎に交換していますのでご安心ください。

まつむら歯科

採用について就職をお考えの方へ
TO PAGE TOP