BLOG ブログ

抜歯になると言われた歯も、残せる場合があります。

2017.08.05

歯周病がひどい場合、虫歯が大きい場合、今は痛くないのに「歯を抜かないといけない」と言われたことはあるでしょうか。

当院で、もしかしたらその歯を残せるかもしれません。

例えば、虫歯が深すぎる場合には、矯正装置をつけて歯を挺出させたり、クラウンレングスニングといって、歯周外科を行うことにより、歯茎より深いところにある歯を長持ちさせることができます。

歯周病が進行している場合には、SRP(根っこのお掃除)や、フラップオペといって歯茎の奥の汚れを一掃してしまう方法もあります。

また、より長く持たせるために、歯肉弁根尖側移動術や、遊離歯肉移植術といった方法を用い、また歯周病になりにくい状態にしたり、被せを長く綺麗な状態で保つことが可能となります。

できるだけ歯を長持ちさせるための方法には、このような方法があります。
勿論、どんな歯でも残せるわけではなく、逆に抜いた方が残りの歯が長持ちする場合もあります。タバコを吸う方は、禁煙してもらう必要があります。全身疾患があるため、歯周外科を行うことができないこともあります。

これらの方法をより確実に行うために、継続的に勉強したり、セミナーに参加するようにしています。

まず、今の状況を診察させてください。いきなり説明もなく治療することは、当院ではいたしませんので。

まつむら歯科

採用について就職をお考えの方へ
TO PAGE TOP