顔貌のバランスを良く「魅せる」審美歯科・矯正歯科

顔貌バランスから診る
口腔診断

口元の見栄えを美しくする審美歯科治療。歯の形、向き、色を美しく成形することで、好印象を手に入れましょう。審美性の高い歯科材料を取り揃え、患者様のお顔のバランスを捉えた上での審美治療を提供しています。

口元の美しさを創る
“かたち・ならび・いろ”

口元の美しさを創る

歯・歯茎・歯列にクローズアップ
口元のバランスを整える歯周形成

歯だけでなく、歯茎や歯並びなどが総合的に整っていることで、お顔全体がより美しいバランスへと導かれます。歯の明度、歯と歯茎のバランス、正中線に対する歯列の対称さなどを整えるため、様々な審美治療の選択肢でキレイを創ります。

  • ホワイトニング・審美補綴

    ホワイトニング・審美補綴

    ホワイトニング、審美ほてつで歯の形や明度を調整し、色と形を整えていきます。非アレルギー金属や天然歯に近いセラミック、ジルコニアで美しい口元を創ります。

  • 歯周形成外科

    歯茎

    歯周形成外科

    歯と歯茎は口元のバランスを整えるために重要な歯周組織です。下がった歯茎を再生させたり、薄い歯茎を厚くしたり、歯茎を調整し、歯の位置を整えていきます。

  • 矯正歯科

    歯列

    矯正歯科

    歯並びは笑顔を創る重要な要素です。歯の向きや厚さを考えて、キレイに整列させる矯正歯科を提供しています。大人からこどもまで様々な矯正装置をご用意しています。

顔貌バランスから診る
“審美治療アプローチ”

審美治療

顔・顎・歯を整える
“線”と”曲線”で位置と高さを診る審美治療

顔のバランスを総合的に診て、正中線から歯茎、唇、歯を、前後、上下、左右と立体的に検証し、一つ一つの歯をクローズアップして、向き、形、並びを整えていきます。キレイに整った口元を実現させるために、咬み合わせを診断します。歯と歯の接点である咬み合わせのポイントを発見し、歯並びとお顔のバランスに歪みが生まれないように調整します。

  • バランス

    正中線 / バランス

    正中線から診て左右対称に整える

    正中線を中心として左右対称に、上下の歯の中心が揃うことで、お顔と口元のバランスを整えます。

  • 高さ

    歯茎 / 高さ

    歯茎のラインの高さを揃える

    歯と歯の間や歯茎との間に空隙なく、美しいラインを描くように、隣接する歯の高さを揃えます。

  • 曲線

    唇 / 曲線

    唇の曲線に揃ったカーブを描く

    下唇の上縁に合わせて、美しいカーブを描く前歯切縁を創ります。

  • 位置

    歯 /位置

    上と下の歯が2〜3mm
    重なる位置を保つ

    上下がリンクするように咬み、上の前歯が下の前歯に2~3mm被る歯の位置がベストポジション。

ほてつの話

口元の見栄えを演出する

過去の治療跡を
美しく魅せる歯科素材

陶器などの材質でできた、強度と見栄えが良いオールセラミッククラウンや、人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアで、過去の銀歯の治療跡が美しい色と形で生まれ変わり、キレイな口元を創ります。

美しく魅せる歯科素材
  • ジルコニア

    ジルコニア

    人工ダイヤモンドと呼ばれる歯科素材。人体に優しく、強度が高く、金属アレルギーの心配がありません。透過性が高く、天然歯と同等の仕上がりを実現。

  • オールセラミック

    オールセラミック

    金属を一切使用せず、セラミックで作られた補綴物。金属アレルギーを起こさず、汚れなどクリーニングで元の色に戻るという特徴もあります。

  • ファイバーコア

    ファイバーコア

    神経を治療した歯が割れないようにするために、歯の土台を補強する材料で歯の内部を割れにくい材料で土台(コア)で埋めてから、冠を被せます。

白さの印象

ホワイトニングで魅せる

歯の白さは、第一印象上げる
オーラルビューティ

近年美容として取り入れられているホワイトニング。歯の白さは、様々なシーンで好印象を与えることができる審美治療です。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、PMTC(プロフェッショナルクリーニング)等と併用することで、歯の白さと好印象を手に入れることができます。

ホワイトニング

表情のバランス

咬み合わせから診る矯正治療

歯列を整えるには
しっかり“噛ませること”
歯の並びと咬み合わせの関係

歯並びをより美しく整えるための矯正治療。患者様のライフスタイルや予算、現状のお悩みや理想に合わせてた矯正装置の提案と、咬み合わせを考慮し、不正咬合解消による治療を行います。

矯正治療

まつむら歯科の矯正治療の考え方

  • 噛む力の習慣を作る

    噛む力の習慣を作る

    歯と歯で噛む、咬み合わせの力で、歯の向きや形が変わってきます。正常な歯の並びにするためには正しい咬み方が必要です。一定の角度、力で噛む習慣を作り、歯並びがキレイに整うように噛む力を考えて矯正治療を行います。

    1

  • 縦上歯の力を診る

    縦(上歯)の力を診る

    歯は、真っすぐ上からかかる力に強く、横の力には弱いもの。歯並びをキレイに整えるには、歯への力のかかり方を検証し、咬み合わせを診ていくことから始まります。

    2

  • 顎運動を検証する

    顎運動を検証する

    歯と歯の接点である咬み合わせのポイントを精密検査で発見していきます。顎の筋肉と関節は、歯並びと密接な関係にあります。骨、筋肉運動の正常稼動習慣を考えて、美しい歯並びの維持を目指していきます。

    3

  • 歯列の位置を診る

    歯列の位置を診る

    歯と歯の距離を考えて隙間や重なりなどを調整し、歯が正常に整うようにしていきます。距離が均等になることで、美しい歯列ラインを実現できます。

    4

まつむら歯科

採用について就職をお考えの方へ
TO PAGE TOP