もう一度「噛める」歯を創るインプラント・咬合治療

高度なインプラントや
外科処置を実践

欠損歯を補うためのインプラント治療で、しっかり噛めるという当たり前の日常を甦らせる。歯・歯周組織・顎に総合的にアプローチしながら、外科処置と口腔医療知識でインプラント治療を実践します。

インプラントの基礎を押さえる
インプラント構造

インプラントの構造

当たり前に噛めるように
安心・安全のインプラント

インプラント治療では、必ず手術を行います。心疾患,血管疾患,糖尿病,高血圧などを患っている方にも全身管理を徹底しながら、安心安全に治療を行います。最新のインプラントを使用し、強固な初期固定を得ることができます。また,インプラントの安定性をはかるISQⅡという器械を取り入れたことで、早期に治療を終えることができます。傷みが少ないと多くの患者様からお声を頂戴しております。

  • フィクスチャーねじ

    フィクスチャー
    (ネジ)

    人工歯根、インプラント体と呼ばれる土台部分。顎の骨にあけた穴に埋め込むチタンです。

  • アバットメント連結部分

    アバットメント
    (連結部分)

    フィクスチャーと上部構造をつなぐ連結部分。

  • 人工歯上部構造

    人工歯
    (上部構造)

    粘膜から上の人工歯の部分。いわゆるかぶせ物です。セラミック・ジルコニア等の歯科素材があります。

「噛む」機能を蘇らせる
難症例対応の施術

難症例対応の施術

欠損した歯をよみがえらせる
インプラントを超えた咬合治療

欠損した歯をよみがえらせるための方法はインプラント治療に限りません。残存する歯を活かしながら、出来る限り負担がかからないように治療するため、口腔内を診査して適切に選択を行い、自然に噛める歯を実現します。

骨増生 GBR

骨増生 GBR

埋め込む骨がない方でも
インプラントができる!

インプラントを埋入する骨の幅や高さがない場合でも、インプラントを埋め込むために必要な土台となる骨を創ります。新しいインプラントではGBRと同時に治療できる場合もあります。

歯牙移植

歯牙移植

抜歯した箇所を
蘇らせる!

欠損した箇所に、健康な親知らずなどを移植します。ブリッジのように両隣の歯を削る必要なく、自然な歯を活かします。

クラウンレングス

クラウンレングス

むし歯が大きくても
歯を残せる!

歯冠長延長術(クラウンレングス)は、歯茎に埋もれてしまったような、抜歯しなければならないような大きなむし歯への治療法です。外科処置により歯茎の位置を下げ、歯肉の上に歯を出します。

歯周組織を診断して
全身管理で手術を実践

歯周組織を診断

安全なインプラント治療を実現する

インプラントの支柱である、フィクスチャー(ネジ)は、顎の骨に埋め込むため、骨の厚みや神経の位置を精緻に確認する必要があります。CT画像で埋入する位置や深さや骨の状態をしっかりと確認し、顎骨に土台を埋入します。

  • CT画像

    CT画像

    血管・神経の位置、骨の状態を3次元画像で確認。インプラントを埋入する深さを知ることができるので、安全に手術ができます。

  • インプラント手術

    負担のない埋入

    インプラント手術は1回法、2回法があり、骨とフィクスチャー(ねじ)を結合するまで、2ヶ月〜半年程かかります。負担がないよう慎重に進めていきます。

  • 咬合理論

    咬合理論

    残存歯の咬合の状態を考えて、負担のないインプラント素材を選びます。より自然に噛めるように、品質が高く丈夫な素材で歯の機能を改善します。

まつむら歯科

採用について就職をお考えの方へ
TO PAGE TOP